ダンスの歴史

モダンダンスの歴史

stepone ikebukuro477 閲覧数
モダンダンスの歴史

世界には様々なカルチャーや文化、芸術があるものです。こうした文化やカルチャー、芸術というものは自己表現できるものであり、人間の情操教育にも欠かすことができません。そのため」小学校や幼稚園の教育においても必ず芸術的な学習が行われるんです。例えば絵画を描いたり、音楽を聴いたり楽器を演奏する、時にはダンスなどを習うこともあるでしょう。こうした文化や芸術に触れると、それに没頭することができたり自己表現や事故の開放ができるようになり、心身に良い影響を与え健康的になることも多いのです。

考え方や思考も柔軟になることもわかっていて、ダンスや音楽といった文化をもっと学校教育に取り入れるべきとの意見もあるんです。中でも世界で見られるダンスの発展は、人々の抑圧された感情や気持ちを爆発させる自己表現として発展したものが多いのです。タップダンスなどは黒人の奴隷が自己表現の手段として用いたり、抑圧された感情を爆発させることで発展してきました。モダンダンスも同様であり、モダンダンスの歴史もヨーロッパやアメリカの歴史や経済的背景と切っても切り離さないものであり、そうしたことで発展してきたダンスと言えるんです。

モダンダンスとは19世紀末から20世紀初頭にかけて発展してきた西洋の劇場舞踊です。モダンダンスはヨーロッパの階級社会や、クラシックバレエと伝統を重んじるバレエの反撃や反発心によって発展してきたダンスとして有名です。経済や階級で縛られる中流階層以下の人々が自由と抑圧された感情のはけ口として、モダンダンスを選択し発展させてきたダンスでもあります。トーシューズを脱ぎ捨て、裸足で開放的に踊ることも多いんです。モダンバレエとモダンダンスが一緒に解釈されることも多いですが、モダンバレエはクラシックバレエの伝統的な衣装をややカジュアルに踊るものであり、モダンダンスとは区別されることが多いです。

モダンダンスは現代舞踊として21世紀でも進化を続けています。コンテンポラリーとモダンダンスも一緒と思われがちです。モダンダンスとコンテポラリーの違いは、モダンダンスは動きも多く踊っているということが一目でわかりますが、コンテンポラリーは動きが遅かったり、動きが優雅で鈍く感じられることも多いです。コンテンポラリーはどちらかというと人間の身体の曲線美をアピールしたり、表現の幅も広がって今までのダンスでは考えられない動きなどがみられ、表現も自由度が高くなってます。ダンス衣装もレオタードを身に着け、身体の筋肉を強調するものが多いのが特徴的です。