ダンスの歴史

ヒップホップダンスの歴史

stepone ikebukuro986 views
ヒップホップダンスの歴史

日本では1990年以降、歌謡曲からヒップホップという新しいジャンルの音楽が誕生しました。それに伴ってダンスも様変わりをしており、それまでのジャズかからヒップホップダンスというものが登場しました。簡単のその歴史を紹介すると、1980年のアメリカ合衆国・ニューヨークで誕生をしたのが最初です。人気アーティストが激しいダンスと共に歌を歌い、一気にヒップホップダンスは若者に人気となります。

10代から20代の若者に支持をされ、アンダーグラウンドと呼ばれる一帯で大会も開催される人気となりました。基本的にヒップホップダンスはR&Bの音楽に合わせてリズムをとるもので、2種類で構成をされます。ひとつはジャズヒップホップで、この場合は頭や足を激しく動かして踊るものです。もうひとつはガールズヒップホップで、愛らしい仕草と腰を動かす踊りになるものが特徴です。日本で普及をするようになったのは1995年頃で、6人組のアーティストが最初に披露をしました。男性2名と女性4名のグループで、ガールズヒップホップとジャズヒップホップを上手く掛け合わせたヒップホップを見ることができます。

R&Bの音楽はリズムが激しいものからバラードまであるので、その種類だけヒップホップダンスも存在をするわけです。このダンスは一般的なジャズダンスと比べると全身を動かすのがポイントになります。そのため有酸素運動に分類ができるのも特徴です。2010年から小学校と中学校でダンスが必須教育となりました。この授業で指導されるのがヒップホップダンスです。以前はアンダーグラウンドで楽しまれてきたものでしたが、現在では街中はもちろん学校でも見られるようになっています。ヒップホップ音楽の歴史はまだ30年程度と短く、ダンスそのもの同じ歴史です。昨今の音楽シーンでは大人数のメンバーを有したグループが多く、彼らが華麗なヒップホップを披露するのも当たり前となりました。

色んな振り付けを駆使して装いも変わっているように見えますが、基本的な動作は以前と変わりません。ジャズヒップホップとガールズヒップホップを基本にしており、今後もそのスタイルは同じままえす。アメリカのサブカルチャーとして誕生したヒップホップは今では、日本はもちろんのこと韓国や中国でも人気があり、多くの方が嗜むものとありました。基本動作はとても簡単なので、年齢に関係なく挑戦することができるでしょう。