ダンスの歴史

コンテンポラリーダンスの歴史

stepone ikebukuro109 閲覧数
コンテンポラリーダンスの歴史

コンテンポラリーダンスは、1970年代にフランスで生まれて世界中に普及した独特のダンスとなっています。それまでは様々なジャンルに分かれておりそのスタイルもほぼ決められたものが中心となっていましたが、1970年代のフランスでは様々な文化が新たに形を変えて生まれてきた年代でもあり、そのため既存のスタイルにこだわらない新たなものが次々と生まれてきたのです。コンテンポラリーダンスもその一つであり、独創的な新たなパターンの中に様々な要素が組み込まれることで、これまでにない自由なスタイルが生み出されるようになり、これが世界中に発展していったと言う形があります。

さらにこの年代では世界中で様々なムーブメントが発生しており、従来の常識と言われてきたものを新たに作り変えようとする動きも世界中で広まっていました。今までの既成概念にこだわらず、新たなスタイルを生み出すことがこの時代には非常にモダンなことであると考えられており、これまでバレエの世界などではあらかじめ定められた振り付けを確実に行うことが成功であると定義されていたのに対し、これを引き継ぎながらさらに自分自身で魅力的な振り付けを組み入れることが流行した時代でもあります。その中で様々なエンターテイナーが育ってきたことにより、このは世界中で流行するものとなりました。

コンテンポラリーダンスの特徴は、これまでにない自由な振り付けにあり、それは様々なジャンルの物を比較しても決して思いつくことがない要素であることも少なくありません。これまではモダンと言われていたものであっても様々なものを取り入れた形であったものであり、独創的なものを見る事は少なかったものです。伝統を継承し、その通りに踊ることが非常に良いものと考えられてきましたが、1970年代はこのような既成概念に囚われずに新たに様々な文化を生み出そうと言うムーブメントがヨーロッパを中心に発生しており、様々な分野で新たな文化が生まれた時代となっています。コンテンポラリーダンスもその中で生まれた新たなものとなっており、これまでの常識を覆した非常に影響度の高いものとなったことが魅力的な要素となっているのが特徴です。現在ではそのスタイルの1つとなっているイメージが強いのですが、もともとは様々な独創的な要素を組み入れた中で振り付けが生まれたことで発生したものであり、非常に自由なイメージを持つものとなっているのが特徴です。