ダンスの歴史

バレエの歴史

stepone ikebukuro726 閲覧数
バレエの歴史

バレエは歴史のあるダンスで、クラシック音楽とも繋がっています。特にロシアの音楽家たちは積極的にバレエの音楽を作曲していました。ロシアには現在も世界最高峰のバレエ団がありますが、実はイタリアで誕生した舞踏芸術です。イタリアで生まれてフランスで発展し、ロシアで完成したと言われています。

起源はルネッサンス時代まで遡り、貴族たちの間で開催されていたパーティーの余興でダンサーたちが踊っていました。当時はまだセリフや歌も交えていたのですが、後に舞踏のみの芸術に発展していきます。バレエの由来はBalloやBallettoで、舞踏を意味します。基本的に専門用語はフランス語です。最初はイタリアの貴族たちの余興として楽しまれていましたが、16世紀にフランスの王家へ嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスが広めます。そして1581年に王妃のバレエ・コミックが上演されました。

1661年になると、太陽王のルイ14世が王立舞踏アカデミーを創設します。これが世界で最も歴史のあるパリ・オペラ座です。舞踏芸術では両足を外に開くアン・ドゥオールが定番ですが、5つのポジションが定められたのもこの時です。当初は宮廷の中で踊っているだけでしたが、次第にワールドワイドなエンターテインメントとして進化していきます。舞踏芸術なので、音楽の存在も欠かせません。くるみ割り人形や白鳥の湖、眠れる森の美女はチャイコフスキーの名曲です。ストラヴィンスキーの火の鳥や、プロコフィエフのロミオとジュリエットも定番です。

ロシアの作曲家の作品が有名ですが、コッペリアやジゼルはフランスの作曲家が手掛けています。これらは古典を代表する作品で、ほとんどの振り付けをマリウス・プティパが担当しました。ロシアには60年以上も滞在して、19世紀の黄金期を築き上げた偉人です。現在ではプティパの振り付けを受け継ぎつつ、他の振付師がアレンジを加えることも多いです。伝統を守りながら現在まで進化を遂げてきました。また振り付けの通りに踊るのが原則で、即興は基本的に許されていません。しかし、回転数はその日のダンサーたちの調子によって変わります。

近年は日本人ダンサーのパフォーマンスが向上し、三回転などの高難度の技を難なく取り入れるほどです。国際コンクールで入賞することも少なくありません。構成は男女のアダージョから男性のソロと女性のソロ、最後はコーダです。単なる舞踏ではなく、高度な技巧と美しい音楽や華やかな衣装まで楽しめる素晴らしい芸術です。