未分類

一流のエンターテイナー:カジノディーラー

stepone ikebukuro148 閲覧数

日頃はダンスの話題に触れていますが、本日はガラッと話題を変えて、最近気になっているカジノディーラーについて書きます。カジノディーラーはブラックジャック、ルーレット、バカラ、クラップスのようなテーブルゲームのルールを熟知し、チップの金額を間違いないようにスムーズにゲームを進行させながら、お客さんを楽しませるパフォーマーになるのです。しかもしっかりと資格やとる必要があるので簡単ではないスキルが必要な職業です。

ライブディーラーの需要

最近日本ではカジノ法案が通り、最大で3箇所カジノが建設される予定です。カジノは24時間営業なので3~4シフトが組まれるので大勢のディーラーが必要です。500台程のテーブルを所有する大型カジノが2~3箇所できるだけでも5,000~6,000人のカジノディーラーが必要です。日本では全くの新しい職業になるので、特に最初の内は人手不足になるかも分かりません。需要に対して供給が追いつかなければ、給料アップになりますし、人気の職業になるかも分かりません。そして有能なディーラーはオファーが殺到することも予想されます。

ディーラーになる方法

海外では小さなカジノでアルバイトをして実戦形式でスキルを身につけて、より条件の良いカジノに転職する方法があります。しかし日本では現在カジノが無い為、海外のカジノでアルバイト先を見つける必要がありますが、ビザ取得の問題などハードルが高いのが現実です。そうなるとカジノディーラー育成の学校に通うことが最良の方法です。将来の需要を見据えてカジノスクールの新設が増えつつあるようです。応募資格は「満二十歳以上であること」、「違法カジノで働いた経験や犯罪歴がないこと」、「暴力団や反社会勢力に属していないこと」などです。スクールではカジノゲーム以外にも、外国人に対応する為、語学も学べるようです。

カジノディーラーのイメージ

日本では未だカジノが無い為、特に海外でカジノに行ったことが無い人達からは批判の声が多いように感じます。他の違法カジノや、下品なギャンブル等と比較し、ギャンブル依存症や反社会勢力のイメージで治安の悪化などがよく話題に出ます。しかし本場のラズベガスとかに行くと、そんなネガティブなイメージは一瞬で吹っ飛んでしまい、一流のエンターテインメントだと感じます。

そんなカジノで働くディーラーは、手さばきは見事だし、計算は早く正確でチップのやり取りのミスなど全くありません。ましてや何千万単位で賭けるハイローラーもプレイしているわけで、プロ意識の高い優れたスキルの持ち主だと感じます。日本でも余計な誤解が取れて、真剣にライブディーラーを目指す人が多数現れると良いなと願っています。

Leave a Response